ページの先頭です

市民参加型『小川町SDGsまち×ひとプロジェクト』がはじまります!

[2020年6月4日]

フォーラムの申込は6月27日(土曜日)24:00をもちまして締め切りました。

■フォーラム開催後、市民参加型のまちづくりプラットフォームの申込を開始します。フォーラムに参加できない方も、SNSにて今後のプロジェクトの動きを発信していきますので、ぜひフォローしてください!

 【Twitter】

 【Facebook】

詳しくは下記をご一読ください。

小川町SDGsまち×ひとプロジェクトとは

課題の整理

人口減少や超少子高齢化が社会問題となって久しい現在、その波は例外なく小川町にも到来しており、特に20代から30代前半の若い世代を中心とした転出超過などにより、徐々に人口減少が進んでいます。

町では、令和2年度に第2期総合戦略を策定し、「人口減少に負けない魅力あるまちづくり」の実現に向け各種取組を展開していますが、目標の実現にあたっては、今ある地域資源を効果的に活かし、より一層、町の魅力を高めていくとともに、SDGsを意識した「持続可能なまちづくり」を推進していく必要があります。

現状の把握

ここ、埼玉県小川町は、都心にはない恵まれた自然環境を有し、ユネスコ無形文化遺産に登録された細川紙(の手漉き和紙技術)をはじめ、全国的に知名度の高い有機農業や3つの酒蔵がつくるオリジナリティあふれた日本酒、古き良き時代の街並みを演出する歴史的建造物など、豊富な地域資源が数多く存在します。

幸いにも、近年は、これらの地域資源や町の雰囲気などに魅力を感じ、まちづくりや地域活性化に自発的に取り組むNPO団体や企業等が多く見受けられるほか、町に興味・関心を持ち定期的に足を運んでいただける方、移住を決心される方などが増えつつあります。このような人口減少のなかにありながら、小川町に関わる人々の輪が、徐々に、そして確実に広がりつつあると実感できる状況です。


そこで、町ではこの状況を好機と捉え、皆さんと一緒に魅力あるまちづくりを実現するため、標記『小川町SDGsまち×ひとプロジェクト』を立ち上げることとしました。

主役はあなたです

本プロジェクトでは、小川町に興味・関心を寄せ、まちをより良くしていきたいと考える方々を対象に、ゆる~く繋がれるプラットフォーム(正式名称は『OGAWA 6S プラットフォーム』)を構築し、地域活性化に明るい経験豊かなトップランナーを講師に迎え、定期的な研修会を開催するなど、皆さんと一緒に考え、学ぶ場として、また、まちの情報共有の場として活用していきます。主役はあなたです!

小川町らしいSDGsの実現に向けて

更に、このプラットフォームでは、参加者それぞれの得意分野や柔軟な発想を尊重し、具体的事業の実施主体となる実行委員会を組織することにより、関係人口の創出・拡大や、小川町にふさわしいSDGsの実現を目指した事業展開を図ります。

まずは、キックオフイベントとなる『OGAWA 6S COMMITMENTフォーラム』をオンラインにて開催しますので、興味のある方はお気軽にご参加ください。


『みんなで学びあい、話し合いながらつくるまちの未来』に、あなたも参加してみませんか?

プロジェクトの概要(仕組み)

本プロジェクトの概要図です。

SDGs(エスディージーズ)とは

「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称。2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された、2030年までの国際目標です。17の目標と169のターゲットから構成されており、「誰一人取り残さない(Leaving no one behind)」ことを理念に掲げています。

6Sとは

プラットフォームの名称に冠している「6S」は、下記の6つの単語の頭文字に由来しています。これらの取組を通し、小川町らしいSDGsの達成を目指していきます。

■Slowを極める

都会から少し離れた自然豊かな環境で、ゆったりとした時間の流れを大切にする。

■Storyを極める

目には見えない歴史や文化も含めた、それぞれが持つ『物語』を大切にする。

■Socialを極める

日常から多様な人々が関わりあい、支えあい、課題解決していくまちづくりを目指す。

■Sustainableを極める

自然に寄り添う暮らしをとおし、循環・共生型の社会を目指す。

■Safetyを極める

困難な状況でも対応できるまち・ひとづくりを目指す。

■Smallを極める

「量」より「質」を大事にしたまちづくりで、共創・共生型の社会を目指す。

OGAWA 6S COMMITMENTフォーラムを開催します!

小川町が好きな方や、もっと知りたいという方、まちづくりやSDGsの取組に興味・関心がある方など、どなたでも大歓迎です!オンライン開催のため、ご自宅から無料で参加可能です。参加をご希望される方は、下記をご一読のうえ、申込をお願いします。

開催日時

令和2年6月28日(日曜日) 午後2時00分~午後4時00分

開催方法

オンライン開催

(Web会議サービス「Zoom」使用)

参加費

無料

内容

午後2時00分 開始

午後2時10分 【Part1】基調講演

■ゲスト

後藤 健市 氏(スノーピーク地方創生コンサルティング代表取締役会長)

■テーマ

「野遊びSDGs地方創生 ~グローバル時代における地域の価値とその活かし方~」

■概 要

『地域資源を活かして、人・モノ・金・情報のグローバルな流れを生み出し、地域に新たな消費と雇用を創生する』その手法とは――。「SDGs地方創生」の第一人者であり、グランピングやガストロノミーを通し全国各地のS級(Super・Special・Supreme)な魅力を引き出してきた後藤健市さんをお招きし、数々の経験をもとに熱く語っていただきます。皆さん、必見です!


【後藤 健市(ごとう けんいち)プロフィール】

1959年7月8日生まれ。北海道帯広市出身。地方創生の新たなアイディアを実現するための会社や団体の設立、場所の価値を生かした企画・実践のほか、地域活性化の講演や、現場の元気人材の発掘と育成、仕組みづくりに取り組む。現在は、これまでの地域づくりの経験とネットワークを活かし、(株)スノーピークの地方創生の担当として、国内外の地域にある自然資源や景観、環境を「野遊び」で楽しむ地域活性化の事業に取り組んでいる。

午後3時00分 【Part2】パネルトーク

小川町でまちづくりに携わるスピーカーの方々によるパネルトークを開催します。

午後3時45分 質疑応答

午後4時00分 閉会

申込方法

参加希望の方は、6月27日(土曜日)24:00までに下記のフォームをご記入のうえお申込みください。ご記入いただいたメールアドレスあてに、参加用のURLを送付いたします。(27日(土曜日)24:00をもちまして申し込みを締め切りました。)

その他

■タイムスケジュール等については、予告なく変更となる場合があります。

■後日、YouTubeにて録画を公開予定です。リアルタイムでの視聴ができない方については、公開までお待ちください。

事務局等

事務局/一般社団法人the Organic 主催/小川町政策推進課

お問い合わせ

小川町SDGsまち×ひとプロジェクト
OGAWA 6S プラットフォーム事務局/一般社団法人the Organic
電話: 03-6447-5050 ファクス: 03-6447-5051
主催/埼玉県小川町役場 政策推進課 地方創生室グループ
電話: 0493-72-1221(221.222) ファクス: 0493-74-2920

市民参加型『小川町SDGsまち×ひとプロジェクト』がはじまります!への別ルート

ページの先頭へ戻る

埼玉県小川町役場

〒355-0392 埼玉県比企郡小川町大字大塚55

町役場へのアクセス

電話:0493-72-1221 ファクス:0493-74-2920

役場開庁時間 午前8時30分~午後5時15分(土・日・祝日・年末年始を除く)

Copyright (C) Ogawa Town All Rights Reserved.