ページの先頭です

スマートフォン表示用の情報をスキップ

国民健康保険税の軽減・減免

[2020年5月26日]

ID:2600

国民健康保険税の軽減

低所得者に対する軽減措置

被保険者(擬制世帯主を含む)の総所得金額が一定額以下の世帯に対しては、税額(均等割)が軽減されます。

国民健康保険税の均等割軽減
軽減割合 

基準となる所得金額(世帯員の前年中の所得) 

 7割軽減  33万円以下
 5割軽減 {33万円+(28万5千円×被保険者及び特定同一世帯所属者の数)}以下
 2割軽減 {33万円+(52万円×被保険者及び特定同一世帯所属者の数)}以下

※均等割軽減制度に申請の必要はありませんが、均等割軽減判定の際には世帯内の国民健康保険加入者全員(擬制世帯主を含む被保険者)の住民税申告が必要になります。

※被保険者数には同じ世帯の中で国民健康保険から後期高齢者医療の被保険者に移行した方(特定同一世帯所属者)も含みます。特定同一世帯所属者についてはこちら(別ウインドウで開く)

※土地・建物等の譲渡所得は特別控除前の金額で判定され、専従者給与は支払者の所得金額として判定されます。

※65歳以上の公的年金所得者は、その年金所得から15万円を限度として控除した金額で判定されます。

倒産・解雇・雇止めなどで失業した方に対する軽減措置

雇用保険の「特定受給資格者」及び「特定理由離職者」に該当する方は、申請により、離職日の翌日から翌年度末まで、前年の給与所得を30/100として、所得割を軽減します。申請にはハローワーク発行の「雇用保険受給資格者証」が必要です。

国民健康保険税の減免

以下の場合、申請していただくことにより、国民健康保険税が減免できます。対象の場合はご連絡ください。

収入が著しく少なく、生活保護を受給している場合

災害により、家や家財に損害を受けた場合

刑事施設などに収容されていた場合

減免内容

対象となる期間の税額を、申請日以降に到来する納期から減免します。

これまで勤め先の保険(被用者保険)に加入し、その被扶養者が新たに国民健康保険に加入する場合

以下の要件を満たした方になります。

  • 国民健康保険の資格を取得した日に65歳以上であること。
  • 国民健康保険の資格を取得した前日に被用者保険の被扶養者であること。
  • 国民健康保険の資格を取得した日に被用者保険の被保険者が後期高齢者医療制度に加入していること。

国民健康保険に加入する手続きの際に併せてご案内します。

減免内容

減免内容
  減免額 減免期間
所得割額 全額当面の間
均等割額低所得者軽減非該当の場合、5割減免

低所得者軽減2割軽減の場合、軽減前の額の3割減免

資格取得日の属する月以後2年を経過する月の間

お問い合わせ

埼玉県小川町役場 税務課課税グループ

電話: 0493-72-1221(内線128~133)

ファクス: 0493-74-2920

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム