ページの先頭です

スマートフォン表示用の情報をスキップ

小・中学生で受ける予防接種

[2018年4月1日]

ID:2556

日本脳炎(第2期)

対象者

9歳~13歳未満(誕生日の前日まで)

※平成9年4月2日~平成19年4月1日生の方で、日本脳炎予防接種が2期まで終了していない方は、20歳未満(誕生日の前々日)まで接種可能

※平成19年4月2日~平成21年10月1日生の方で、7歳6か月に至るまでに1期の接種(3回)が終了していない方は、9歳~13歳未満(誕生日の前日)までに、1期の不足回数と2期を接種

接種回数

1回接種

日本脳炎ワクチンの供給不足について

 一部メーカーのワクチンが、製造ラインの問題により出荷制限がかかったため、しばらくの間、ワクチンの供給が不足となります。

 安定供給されるまでの間、ワクチンの不足に対応するため、以下の方の接種が優先となります。

  ・3歳の第1期初回(1・2回目)接種の方

  ・定期接種として接種が受けられる年齢の上限年齢が近づいている方

    [上限年齢] 第1期 7歳6か月未満

            第2期 13歳未満  (※特例対象 20歳未満)

 そのため、9歳の第2期対象者へのご案内は、ワクチンが安定供給され次第、ご案内いたしますので、しばらくお待ちください。

二種混合(第2期)

対象者

11歳~13歳未満(誕生日の前日まで)

※小学6年生に通知しています。

接種回数

1回接種

子宮頸がん予防ワクチン

平成25年6月14日付、厚生労働省からの通知により、子宮頸がん予防ワクチンの積極的勧奨を差し控えています。ただし、子宮頸がん予防ワクチンの定期接種を中止するものではありませんので、接種を希望される場合は、有効性とリスクを十分理解したうえで接種してください。

対象者

小学6年生~高校1年生相当女子(標準的接種年齢は中学1年生)

接種期間

小学校6年生となる年度の4月1日から高校1年生相当である年度末の3月31日まで

接種間隔と回数

ワクチンは2種類あり、最初に接種したワクチンを最後まで接種します。接種間隔が異なりますのでご確認ください。

  • サーバリックス(2価ワクチン)
     ・接種回数:3回
     ・接種間隔:1回目の接種から1か月後に2回目の接種、1回目の接種から6か月後に3回目の接種
     ・予防できるHPVの型:16型、18型(主に子宮頸がんの原因)
  • ガーダシル(4価ワクチン)
     ・接種回数:3回
     ・接種間隔:1回目の接種から2か月後に2回目の接種、1回目の接種から6か月後に3回目の接種
     ・予防できるHPVの型:16型、18型(主に子宮頸がんの原因) 6型、11型(主に尖圭コンジローマの原因)

予診票について

予診票はココットで配布しています。ご来所の際は、母子健康手帳をご持参ください。

予防接種後の注意

子宮頸がん予防ワクチン接種後に血管迷走神経反射として失神があらわれることがありますので、失神による転倒等を防止するため、注射後の移動の際には、保護者または医療機関従事者が腕を持つなどして付き添うようにし、接種後30分程度、体重を預けられるような場所で座って様子を見るなどなるべく立ち上がらないようにしましょう。

HPVワクチン相談窓口

 一部メーカーのワクチンが、製造ラインの問題により出荷制限がかかったため、しばらくの間、ワクチンの供給が全国的に不足となります。

 安定供給されるまでの間、ワクチン不足に対応するため、以下の方の接種が優先となります。

  ・3歳の第1期初回(1・2回目)接種の方

  ・定期接種として接種が受けられる年齢の上限年齢が近づいている方

     <上限年齢>  第1期  7歳6か月未満

                第2期  13歳未満、 特例対象 20歳未満

 そのため、9歳の第2期対象者へのご案内は、ワクチンが安定供給され次第、ご案内いたしますので、しばらくお待ちください。


お問い合わせ

埼玉県小川町役場 子育て支援課子育て支援グループ

電話: 0493-81-6181(ココット)

ファクス: 0493-81-6186

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム