ページの先頭です

医療費制度について

[2016年4月1日]

重度心身障害者の医療費を助成

重度の心身障害がある方の保険診療の一部負担金を助成します。(ただし、高額療養費、付加給付、食事、生活療養標準負担額は除きます)

対象者(平成27年1月1日より対象となる方が一部変更になりました)

手帳に記載されている「手帳交付日」時点で、65歳未満の次の方

(1)身体障害者手帳1・2・3級をお持ちの方

(2)療育手帳マルA・A・Bをお持ちの方

(3)精神保健福祉手帳1級をお持ちの方

※なお、65歳になる前に埼玉県後期高齢者医療広域連合が定める障害認定の対象となる障害手帳を取得した方が、65歳以降に障害認定を受けた場合も対象となります。

※ただし、(3)のみ該当の方については、精神科入院費は除きます。

(注意)現在受給資格をお持ちの方は年齢に関わらず引き続き対象となります。

申請手続きに必要なもの

  • 障害者手帳
  • 健康保険証
  • 本人名義の普通預金通帳
  • 印鑑

請求手続きに必要なもの

  • 請求書
  • 領収書
  • 印鑑

 

重度心身障害者医療費請求書

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

自立支援医療(更生医療)の給付

18歳以上の身体障害者手帳をお持ちの方が、障害を軽減したり、機能を回復することを目的に、指定医療機関で手術等の医療を受ける場合、医療費を助成します。(心臓手術、抗免疫療法など) 

給付を受けるには事前申請に基づき、埼玉県の判定が必要となります。詳しくは福祉介護課へ問い合わせてください。

費用

一部自己負担があります。

自立支援医療(育成医療)の給付

18歳未満の身体に障害のあるお子さんが、障害を軽減したり、機能を回復することを目的に、指定医療機関で手術等の医療を受け、確実な治療効果を期待できる場合、医療費を助成します。(心臓手術、抗免疫療法など)

給付を受けるには事前申請に基づき、町の判定が必要となります。詳しくは福祉介護課へ問い合わせてください。

費用

一部自己負担があります。

自立支援医療(精神通院)制度

精神疾患を有する方が外来で医療を受ける場合、かかった医療費の一部を公費で負担する制度です。この制度を利用すると、医療費の自己負担分が少なくなります。

お問い合わせ

埼玉県小川町役場 健康福祉課福祉グループ

電話: 0493-72-1221(内線151.152.154.155.355) ファクス: 0493-74-2920

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る

埼玉県小川町役場

〒355-0392 埼玉県比企郡小川町大字大塚55

町役場へのアクセス

電話:0493-72-1221 ファクス:0493-74-2920

役場開庁時間 午前8時30分~午後5時15分(土・日・祝日・年末年始を除く)

Copyright (C) Ogawa Town All Rights Reserved.