ページの先頭です

スマートフォン表示用の情報をスキップ

雑がみを分別して資源にしましょう

[2018年9月1日]

ID:2790

雑がみを分別して資源にしましょう

 燃えるごみの中には、資源としてリサイクルできる『雑がみ』がたくさん混ざっています。

 お菓子やティッシュペーパーの空き箱、包装紙、トイレットペーパーの芯、メモ用紙、封筒などもリサイクルできる貴重な資源です。

 また、分別することで燃えるごみの減量にもつながりますので、雑がみの資源化にご協力をお願いいたします。

雑がみの出し方

 『雑がみ』は紙袋にまとめて、ヒモでしばり「古紙類回収の日」に出してください。

雑がみとして出せないもの

・食べ物や油の汚れがついているもの

・においがしみこんでいるもの(洗剤や石鹸、線香などの箱)

・強い粘着物がついているもの(シール、圧着はがきなど)

・ビニルコーティングや防水などの特殊加工がされているもの(紙コップなど)

・金・銀の箔がされているもの(折り紙の金・銀、ガムの包み紙など)

・磁粉がついているもの

・水に溶けないもの(レシート、シールの台紙など)

・緩衝材(靴やバッグの詰め物)

・使用済みティッシュなど衛生上問題があるもの

雑がみ分類表をご活用ください

雑がみ分類表

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

埼玉県小川町役場 環境農林課環境保全グループ

電話: 0493-72-1221(内線161.165.166)

ファクス: 0493-74-2920

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム