野鳥を拾わないでください

野鳥を拾わないでください

皆さまから「野鳥を拾ったが、どうしたらよいか。」と問い合わせが寄せられます。

野鳥は「ペット」ではなく「野生動物」です。

ヒナや弱っている野鳥を見つけても、人の手によって保護することが野鳥にとって良いこととは限りません。

もし、野鳥を見つけたら、次のことに注意して対応をお願いします。

対応について判断に迷う場合には、環境農林課環境保全担当までご相談ください。


ヒナを見つけたら

ヒナは、巣立った直後はうまく飛ぶことができません。しかし、近くには親鳥がいて、ヒナにエサを与えて十分に育つとひとり立ちしていきます。拾って家に持ち帰らず、そっと見守ってあげましょう。ケガが明らかな場合や希少種である場合など、緊急に保護しなければならないと判断できる場合は環境農林課までご連絡ください。
弱っている野鳥を見つけたら

落ちている鳥を見つけたら、安全な場所でしばらく様子を見てください。野鳥は自然に回復する力を持っています。人が捕まえることでかえってケガを悪化させたり、ショックを起こして死んでしまったり、保護することで野生に戻れなくなってしまうこともあります。必ずしも保護することが野鳥にとって良いこととは言えません。ケガが明らかな場合や希少種である場合など、緊急に保護しなければならないと判断できる場合は、環境農林課までご連絡ください。
死亡した野鳥を見つけたら

死亡した野鳥を見つけたら


お問い合わせ
埼玉県小川町役場 ・環境農林課・環境保全グループ
電話:0493-72-1221(内線161.165.166)
FAX:0493-74-2920
お問い合わせフォーム
[トップ]
[埼玉県小川町役場 ]