ページの先頭です

七夕まつりは和紙のイベント

[2018年7月4日]

七夕まつりは和紙ざんまい

小川町七夕まつりは昭和24年に和紙の普及宣伝のために生まれた祭りです。70回を迎えた今年度も7月28日(土曜日)から29日(日曜日)に和紙のイベントで盛りだくさんで開催されます。さあ、小川町七夕まつりに遊びに来よう!

例年大人気の和紙まつり

今年で第60回を数える小川和紙宣伝求評会「小川和紙まつり」を行います。

人気の小川和紙の実演体験イベントは、無料で地元産楮も使った手漉き和紙を体験できます。

子どもたちに好評のオリジナル和紙作りでは、工芸紙を使った竹製の本格うちわで暑い夏も大丈夫(材料費500円)。

小川和紙の展示即売でも、この地域の和紙を一気に集めています。

 開催日時 7月28日(土曜日)~29日(日曜日) いずれも午前11時から午後8時まで

 場所    七夕まつり会場の竹飾りメイン通り突き当り右の旧市川薬局

 主催    埼玉県小川和紙工業協同組合

世界が認めた3産地の和紙が勢ぞろい

第70回記念大会として、ユネスコ無形文化遺産に登録された3つの和紙を集めました。

ご当地、埼玉県小川町・東秩父村の「細川紙」はもちろん、

島根県浜田市の「石州半紙」、岐阜県美濃市の「本美濃紙」の計3産地が集結。

世界が認めた日本の手漉和紙技術をぜひご覧になってください。

また、昨年度開発されたそれぞれの新商品を含めて、展示即売を行います。

28日には石州半紙、29日には本美濃紙の技術者による実演も行われます。

 開催日時 7月28日(土曜日)~29日(日曜日) いずれも午前11時から午後6時まで

 場所    メイン通り突き当りを右折して相生町交差点そばの旧笠間呉服店

 主催    ユネスコ無形文化遺産登録手漉和紙連携推進実行委員会

       (構成組織:美濃市、浜田市、小川町、東秩父村及び各産地の保持団体)

 

 

お問い合わせ

埼玉県小川町役場 にぎわい創出課和紙普及宣伝グループ

電話: 0493-72-1221(内線233) ファクス: 0493-74-2920

お問い合わせフォーム


七夕まつりは和紙のイベントへの別ルート

ページの先頭へ戻る

埼玉県小川町役場

〒355-0392 埼玉県比企郡小川町大字大塚55

町役場へのアクセス

電話:0493-72-1221 ファクス:0493-74-2920

役場開庁時間 午前8時30分~午後5時15分(土・日・祝日・年末年始を除く)

Copyright (C) Ogawa Town All Rights Reserved.