ページの先頭です

冬でも食中毒に注意してください。

[2018年1月4日]

冬はノロウイルスによる食中毒・感染性胃腸炎に注意してください。

ノロウイルスによる感染性胃腸炎や食中毒は1年を通して発生していますが、特に冬に流行します。ノロウイルスは感染力が強く、抵抗力の弱い乳幼児や高齢者では、重症化しやすく、死に至ることもあるため、特に注意が必要です。ノロウイルスに関する正しい知識を身につけ、予防に努めてください。

感染経路

感染経路はほとんどが経口感染で、以下の経路が考えられます。

(1)患者のノロウイルスが大量に含まれるふん便や吐物から人などの手を介して二次感染する場合

(2)家庭や共同生活などヒト同士の接触する機会が多いところでヒトからヒトへ飛沫感染等直接感染する場合

(3)食品の製造等に従事する者、飲食店における調理従事者、家庭で調理を行う者等が感染しており、その者を介して汚染された食品を食べた場合

(4)汚染された二枚貝を生あるいは十分に加熱調理しないで食べた場合

(5)ノロウイルスに汚染された井戸水や簡易水道を消毒不十分で摂取した場合

症状

吐き気、おう吐、下痢、腹痛、軽い発熱などの症状が現れます。ノロウイルスに感染しても、発症しなかったり、軽い症状ですむ人もいますが、抵抗力の弱い乳幼児や高齢者が感染した場合は重症化する場合もあります。

予防対策

(1)食べ物にはよく火を通す。中心部が85℃~90℃で90秒以上加熱する。

(2)調理前、食事前、トイレの後、下痢等の患者の汚物処理やおむつ交換等を行った後は、必ず手を洗う。石けんを十分泡立てて、流水で十分に洗い流す。

(3)調理台や調理器具も消毒する。まな板、包丁、ヘラ、食器、ふきん、タオル等は熱湯(85℃以上)で1分以上加熱する

お問い合わせ

埼玉県小川町役場 健康福祉課健康増進グループ

電話: 0493-72-1221(内線157.158) ファクス: 0493-74-2341

お問い合わせフォーム


冬でも食中毒に注意してください。への別ルート

ページの先頭へ戻る

埼玉県小川町役場

〒355-0392 埼玉県比企郡小川町大字大塚55

町役場へのアクセス

電話:0493-72-1221 ファクス:0493-74-2920

役場開庁時間 午前8時30分~午後5時15分(土・日・祝日・年末年始を除く)

Copyright (C) Ogawa Town All Rights Reserved.