ページの先頭です

赤ちゃんを望まれるご夫婦を応援します

[2017年5月20日]

早期不妊治療費助成事業

 ★ あかちゃんを望まれるご夫婦に対して、指定医療機関で実施した「特定不妊治療」の初回費用の一部を助成します!!

 「埼玉県不妊治療費助成事業」(埼玉県ホームページ)の支給決定を受けているご夫婦に、初回助成の治療費の一部を町からも助成します。

対象者

 「埼玉県不妊治療費助成事業」の支給決定を受けたご夫婦で以下のいずれにも該当するかた

 ● 婚姻の届け出をしているご夫婦

 ● 夫婦の双方またはどちらか一方が小川町に住所を有するかた

 ● 「埼玉県不妊治療費助成事業」初回助成の治療開始時の妻の年齢が、35歳未満であるご夫婦

 ● 町民税を滞納していないかた

 ● 夫婦の前年の所得の合計金額が730万円未満であること

 

 

 

対象となる治療内容

埼玉県不妊治療費助成事業の初回助成の対象となった特定不妊治療

治療開始時に婚姻している治療が助成対象となります。

平成29年4月1日以後に終了した特定不妊治療について適応となります。


  

  

      

  ※埼玉県不妊治療費助成事業の対象治療

  ・指定医療機関において実施した特定不妊治療(「体外受精治療」「顕微授精治療」)

   新鮮胚移植を実施・凍結胚移植を実施・以前凍結していた胚を凍結して胚移植を実施

   体調不良等により移植のめどが立たず終了・受精はできずまたは、胚の分割停止、

   変性、多精子授精等の異常授精等により中止・採取した卵が得られないため中止

  ・上記特定不妊治療の一環として行った「男性不妊治療」

   「特定不妊治療」の一環として行った「精巣内精子生検採取法(TESE)」や「精巣

   上体内精子吸引採取法(MESA)等、精子を精巣または精巣上体から採取するための手

   術等(保険適用外診療に限る)

  

 *「指定医療機関(厚生労働省ホームページ)」とは、都道府県等の長が指定する「特定不妊治療」を実施する医療機関をいいます。

  

  

      

助成内容

 助成金額

  治療に要した費用から都道府県等の助成額を控除した額(1,000円未満切り捨て)で、10万円を限度とします。

  助成回数は、1組のご夫婦につき1回限りとなります。

申請手続き

申請期限

埼玉県不妊治療費助成事業の交付決定を受けた日に属する翌月の初日から6か月以内に申請してください。

 ※初回申請時に複数回分の治療費の申請をする場合は、治療終了日が最も早いものを初回申請とします。

 

 

提出書類

 (1)小川町早期不妊治療費助成事業申請書

 (2)埼玉県不妊治療費助成事業助成金支給決定通知書の写し

 (3)埼玉県不妊治療費助成事業不妊治療実施証明書の写し

 (4)治療費の領収書(原本) 

   領収書以外は受理できません。申請時まで大切に保管ください

   確定申告で医療費控除を受けるなど領収書の原本の返却を希望される方は、原本確認の上、コピーをいただきます

 (5)住民票(原本)(発行から3か月以内のもの)

 (6)戸籍謄本(戸籍全部事項説明書)(原本)(発行から3か月以内のもの)

 (7)町税の滞納がないことが確認できる書類(夫婦それぞれ)

 (8)申請者の振込先がわかるもの(通帳等)のコピー

 (9)印鑑

※(5)~(7)については、同意書(申請書に記入欄があります)があれば省略できます。

小川町早期不妊治療費助成事業申請書

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

早期不妊検査費助成事業(こうのとり健診推進事業)

★ あかちゃんを望まれるご夫に対して「不妊検査費用」の一部を助成します!!

対象者

 下記の項目のいずれにも該当されるかた

 ● 助成申請時に婚姻の届け出をしているご夫婦

 ● 夫婦の双方またはどちらか一方が小川町に住所を有するかた

 ● 不妊検査開始時の妻の年齢が43歳未満であるご夫婦

 ● 町民税を滞納していないかた

対象となる不妊検査

 ● 指定医療機関(*)の医師が不妊症の診断のために必要と認める一連の検査

 ● 指定医療機関(*)と連携する泌尿器科医師が行うもの

  *「指定医療機関(厚生労働省ホームページ)」とは、都道府県等の長が指定する「特定不妊治療」を実施する医療機関をいいます。

 ● ご夫婦が共に受けた不妊検査が対象となります。

  *ご夫婦のどちらか一方だけが受けた不妊検査では対象となりませんのでご注意ください

 ● 不妊検査期間の終期が、当該年度に属し検査開始日がどちらか早い方の日から、

   検査終了日がどちらか遅い方の日までの期間が6か月以内のものとなります。


助成内容

 ● 不妊検査にかかった自己負担額(1,000円未満切り捨て)のうち、2万円を上限とします

 ● 助成回数は1組のご夫婦につき1回限りとなります。

 

申請手続き

申請期限

小川町早期不妊検査実施証明を受けた日の属する月の翌月の初日から6か月以内に申請してください。

※検査開始時点で妻の年齢が43歳以上の検査の申請はできません

提出書類

 (1)小川町早期不妊検査実施証明書

 (2)小川町早期不妊検査費助成申請書

 (3)指定医療機関及び指定医療機関と連携する泌尿器科を標榜する医療機関が発行する領収書(原本)

   領収書以外は受理できません。申請時まで大切に保管ください

   確定申告で医療費控除を受けるなど領収書の原本の返却を希望される方は、原本確認の上、コピーをいただきます

 (4)住民票(原本)(発行から3か月以内のもの)

 (5)戸籍謄本(戸籍全部事項説明書)(原本)(発行から3か月以内のもの)

 (6)町税の滞納がないことが確認できる書類(夫婦それぞれ)

 (7)申請者の振込先がわかるもの(通帳等)のコピー

 (8)印鑑

※(4)~(6)については、同意書(申請書に記入欄があります)があれば省略できます

小川町早期不妊検査実施証明書

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

早期不妊検査費助成事業申請書

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

注意事項

平成29年4月1日以後に終了した特定不妊検査について適応となります。

特定不妊治療の一環として受ける検査は対象となりませんのでご注意ください。

お問い合わせ

埼玉県小川町役場 健康福祉課健康増進グループ

電話: 0493-74-2323(パトリアおがわ) ファクス: 0493-74-2343(パトリアおがわ)

お問い合わせフォーム


赤ちゃんを望まれるご夫婦を応援しますへの別ルート

ページの先頭へ戻る

埼玉県小川町役場

〒355-0392 埼玉県比企郡小川町大字大塚55

町役場へのアクセス

電話:0493-72-1221 ファクス:0493-74-2920

役場開庁時間 午前8時30分~午後5時15分(土・日・祝日・年末年始を除く)

Copyright (C) Ogawa Town All Rights Reserved.